main.jpg

HOME > INTERVIEW > お客様の声_I様

お客様の声

interview02-01.jpg

Vol.2

住まいって、ちゃんと作れば
こんなに快適だったんですね。

I様邸(愛知県 清須市)

歩いて数分で清洲城。春には桜を楽しめる、環境に恵まれたI様邸。「限られた敷地のなかで家族5人が仲良く生活できる空間を」が、家づくりのご要望だったそうです。そこで、「子育て」を家づくりのキーワードに、リビングとダイニングを兼ねた掘りごたつダイニングを集いの場としたプラン作りがスタートしました。

interview02-02.jpg

聞き手:住まいづくりを考えはじめたきっかけは何ですか?

I様:家族が5人になり、それまで暮らしていたアパートがさすがに手狭になってきた頃からです。居住スペースのこともありますが、収納も少なく、キッチンやお風呂も狭くて。それに、風通しが悪い上に、冬寒いということまであったんです。

聞き手:なかなか大変な環境だったようで…。宮部建設を知ったきっかけは?

I様:社長の宮部英門さんが以前に勤められていた会社で、主人の同僚だったんです。他にもハウスメーカーを検討していたのですが、せっかくだから一度話を聞いてみようと。初対面の時、「いい家をつくります」という自信を感じたのが印象的でしたね。

interview02-03.jpg

聞き手:結果的に宮部建設で住まいづくりをされることになったのですが、その理由は?

I様:「信頼感」でしょうか。メーカーの営業マンと違い、この人なら任せられるなと。だから、躊躇することは無かったですね。
建築中もじっとしていられなくて、しょっちゅう現場に来ていました。少しすつ出来上がっていく様子がみられて楽しかったですよ。子どもも「市村さんとえいもんちゃん(社長・宮部英門のこと)がつくった家―。」と実感していたようです(笑)

聞き手:見学会などには参加されましたか?

I様:何邸かの見学会に参加しました。そこで見た、「一段上がった畳みコーナー」や「キッチンとつながった食卓」「屋根裏部屋のホビースペース」などは、ぜひ真似したいと思いましたね。

interview02-04.jpg

聞き手:プランをしていく中で、希望として伝えたことは?また、それは実現しましたか?

I様:なんといっても、子どもがのびのびと過ごせることと、リビングに皆が集まれる楽しい家でしたね。使い勝手としては、収納をしっかりとつくることを希望し、土間収納やパントリーを提案してもらいました。。それと、お風呂とトイレは広くして欲しいということもお願いしましたね。こだわりとしては、掘りごたつとピアノスペース、それにロフトが欲しいと。
そして、それらはほぼ実現しました。たいへん満足しています。

聞き手:お住まいになられてのご感想は?

I様:「快適」の一言につきますね。住まいって、ちゃんと作ったらこんなに快適なんだと、わかりました。それに、子どもが家の中で元気よく走って遊んでいるのが、なにより良かったです。
遊びに来た友人なども、「素敵だね」「木のにおいがする」「おしゃれ。かっこいい」など言ってくれます。
満足度ですか?120%です!

interview01-index-out.jpginterview01-index-out.jpg

自分たちの理想の家を建てるのなら

ここしかないって感じでしたね。

K様邸(岐阜市)

interview02-index-out.jpginterview02-index-out.jpg

住まいって、ちゃんと作れば

こんなに快適だったんですね。

I様邸(愛知県 清須市)

interview03-index-out.jpginterview03-index-out.jpg

「無理なものは無理」と

ハッキリ言う姿勢に惹かれました。

Y様邸